ファッションに合ったシルバーアクセサリーを買おう【メンズ編】

バイクの積載量アップに

基礎知識と選び方

鞄

サイドバッグとは、バイクのリヤシートのサイドにつけるバッグのことです。リヤシートの上に乗せるものをシートバッグといいますが、そのサイドにつけるというイメージです。サイドバッグはリヤシートをあけたまま積載量を大幅にアップさせられるというメリットがあります。近場への移動や旅行くらいなら、サイドバッグのみでも可能です。その上リヤシートに人をのせることもできます。サイドバッグは二つつけられるので、一つ一つのサイズはそこまで大きくなくても意外なほど積載量がアップします。ですが、ツーリングの都度付け替えるよりもつけっぱなしにする人の方が多いので、なるべく大きいものを選んでおく方が確実です。サイドバッグをつけるには、サポートとよぱれる部品と工具が必要になります。サポートとはサイドバッグとタイヤが接触しないようにしてくれるもので、バッグにタイヤを巻き込んで大事故になるのを防ぐことができます。必要不可欠といってもいいでしょう。こちらも忘れずに購入しましょう。また、装着に自信がなければ購入店でお願いしたり、パーツショップの整備士などに依頼したりするのも一つの手です。選ぶときは、大きいものを選ぶこと、レインカバーも買うかセットになっているものを選ぶこと、ジッパーがあけやすいことなどを重視して選ぶと良いでしょう。バイクという構造上、雨ざらしになってしまうので、レインカバーがついていると便利です。また、グローブをしていても開けやすいジッパーだと困りません。

素材選びも楽しめる

鞄

主にスポーツバイクにおいて、荷物の収納力を大幅に向上させるパーツとなるのが、外付けのバッグやケースです。種類は、取り付け場所によって、タンクバッグ、シートバッグまたはボックス、そしてサイドバッグなどがあります。ほかにも、ハンドル に取り付けるバッグなどもありますが、収納力の大きさでは、サイドバッグが効果大です。シートバッグにも、いわゆるリヤボックスなどと呼ばれる、樹脂製の大きなものが人気がありますが、両サイドに左右対称に装着するサイドバッグは、スポーツバイクの外見を大きくイメージアップあるいはイメージチェンジさせるパーツでもあります。サイドバッグはサドルバッグとも呼ばれ、馬で旅する際に左右に振り分けて取り付けていたバッグにイメージのルーツがあります。バイク用のサイドバッグには、ナイロンなど布系の素材のもの、革製または合成皮革のレザー系、そして金属または樹脂製のもの、などがあります。布系は見た目もソフトでカジュアル感の強いものから、かっちりしたハード系のタイプまで様々なものが出回っています。レザー系は、いわゆるアメリカンタイプに装着することを想定した商品が多く、そちら方面のファンには重要な道具でもあります。金属や樹脂製のものは、パニアケースとも呼ばれ、高級輸入車などに純正装着されるものも多く、価格的にも最も高い部類となります。安くとも十数万円から、上は数十万円と、バイク本体より高くつく場合もありますが、強度や安全性には最も優れています。

素材によって異なる特徴

バッグ

サイドバッグとは、バイクのリヤシート脇につけるバッグのことです。大きく分けて、樹脂製のもの、革製のもの、布製のものがあります。樹脂製のものはパニアケースやサイドケースといったようにサイドバッグと区別されることもあります。サイドバッグの選び方は、まずこの三種類を選ぶことから始まります。樹脂製のもののメリットは、バイクの外見を損なわないこと、防水性、耐久性、防犯性など機能が全般的に高いことがあげられます。納車の際に、あらかじめパニアケースをつけて納車してもらう人も多いです。素材がバイクの本体と近いので見た目がスマートな点に人気があります。デメリットとしては、価格が非常に高い点です。価格相場は7万円から15万円ほどで、高いものでは30万円を超えることもあります。初期投資がかなり高く付くのがネックです。革製のものは、経年劣化の風合いを楽しめる、耐久性がある、樹脂製のものよりも伸縮性があるといった魅力があります。なんといっても風合いのよさが最大の魅力です。コストも樹脂製のものよりも安くすみます。ですが、水に弱く、お手入れにやや手間がかかります。レインカバーをこまめにつけたり、防水スプレーをかけておいたりする必要があります。布製のものは、軽い、容量の可変性が高い、比較的安いといった魅力があります。耐久性が弱い点、見た目がスマートでないものもある点に注意しなければなりません。サイドバッグは実店舗にいき、店員と相談しながら決めるのが最もおすすめです。