ファッションに合ったシルバーアクセサリーを買おう【メンズ編】

2輪車用のお洒落なバッグ

スマートに荷物を持ち運び

バッグ

サイドバッグは、バイクや自転車を始めとする2輪の車両で用いられる専用のバッグす。サイドバッグには、2輪車両の形状を踏まえた設計が取り入れられており、快適な走行を妨げることなく、必要な荷物が持ち運べます。バイクで移動する時は、手荷物の持ち運びにも工夫が必要です。ツーリングなどで長い距離を走行することになると、持ち運ぶ荷物も自然、増えてきます。このような場合、サイドバッグがあれば、必要な品物をすべて車体に付けた状態で走れます。車体にしっかりと装着出来る設計となっているため、脱落の心配もなく安心してツーリングが楽しめます。バイクで頻繁に旅行をする方からも、サイドバッグは好評を得ているアイテムです。デザインにスマートさが感じられるのが、最近のサイドバッグです。ナイロンやレザーなど使用されており、いずれの商品も耐久性に優れます。お洒落なデザインのサイドバッグは、バイクやツーリングファッションとコーディネートするなど、新たな楽しみが得られる1品です。2輪車で移動している間は、出来るだけ身軽な方が安全です。サイドバッグは、基本的にバイク本体に装着して走行を行います。ですので、体に余計な負担がかからず、長距離の移動でも疲れにくいというメリットがあります。そのため、ツーリングをする方からは特に人気が高く、長距離走行をする際の必需品として、サイドバッグは見なされるようになっています。様々なデザインがあり、好みで選べるのが近ごろの2輪車用商品です。

正しくケアすれば一生もの

バイク

サイドバッグとはオートバイの車体後部に取り付けられたバッグのことをいいます。小物や修理用品を入れておくのに適しており、素材として動物の革や布を使ったものが一般的です。このサイドバッグ、オートバイと一緒に野ざらしの状態で使用することが多いので、必然的に雨や埃、強い紫外線などで汚れてきます。布製の場合は水で汚れを洗い流す事が出来ますが、革製の場合はそうもいきません。長く使いたい場合は、正しいメンテナンス方法を知っておく必要があります。革製のサイドバッグは放置しておくと乾燥してきて固く縮み、ひび割れなどを起こす危険があります。それを防ぐためには、革製品用のオイルやクリームを塗ってあげる必要があります。このオイルは大量に使えば良いというものではなく、薄く全体に塗り込むことが大事です。また、毎日行う必要もなく、数か月に一度のペースで問題ありません。表面が汚れている際には、水を固く絞ったタオルなどで拭きとっておくことも忘れないようにしましょう。長期の間使用しない場合は、湿気が少なく風通しの良い場所に保管します。直射日光の紫外線も革製品にダメージを与えるので注意が必要です。サイドバッグの中に丸めた新聞紙などを入れておくと、湿気対策や型崩れ防止に役立ちます。こうしたメンテナンスをしっかりとしたサイドバッグは長持ちし、使い込んだ渋い風合いが出てきます。革製品の良いところは、色合いの変化や小さな傷が味となるところです。長年のパートナーになるようにケアを怠らないようにしましょう。

タイプは3つあります

男性

サイドバッグとは、オートバイの後方に取り付けられるバッグのことです。もともとは馬に取り付けられていたバッグをバイクにも流用するようになり、発展してきました。自転車にも同じようなものがありますが、それらはサドルバッグと呼ばれており、オートバイのものと区別されていることが多いです。サイドバッグには、樹脂製のもの・革製のもの・布製のものの3種類があります。樹脂製のものは硬くて、専用の取り付け金具が必要になるので、サイドケースとも呼ばれています。革製のものはクラシカルでカッコいいですが、水に弱いのが難点です。布製のものは安価で使いやすいのが特徴です。重いものも入れることができて、利便性が高いのは樹脂製のサイドケースですが、値段が高いものが多いです。取り付けるのに10万円以上かかることもあります。革製のものは、水に弱いのが難点なのでレインカバーのあるものを選びます。革は使い込んでこそ味が出る素材なので、長く使い続けたい人におすすめです。布製のものが防水機能も高く、安価なものも多いので、手軽に楽しみたい人におすすめです。ただ、どうしてもデザインがカジュアルになるので、クラシカルなデザインのオートバイには不釣り合いになってしまいます。サイドバッグは大きければ大きいほど、いろいろな工具やモノを詰め込むことができますが、大きくなるほど走りづらくなることも考慮に入れなければなりません。さらにサイドバッグが重たくなるほどバランスが取りづらくなるので注意が必要です。