ファッションに合ったシルバーアクセサリーを買おう【メンズ編】

男性に大人気の商品

手入れを欠かせない

アクセサリー

アクセサリーといえば女性の必需品ですが、最近では男性でもアクセサリーをする機会が多くなっています。プライベートだけでなくビジネスシーンでも上手にシルバーアクセサリーを用いるケースが多くなっています。あまりつけすぎると野蛮になりますが、ワンポイントとして指輪やネックレスなどのシルバーアクセサリーをすることはおしゃれの一つにもなっています。男性はゴールドよりもシルバーアクセサリーのほうが大人に見えます。そのためメンズアクセサリーでもシルバーの数が多くなっています。シルバーの欠点は、さびやすいことです。一度腐食すると改善させることは難しいため毎日の手入れが大事なポイントになります。正しい手入れを行っているメンズシルバーアクセサリーはほとんどなく、金属の内側などから腐食が始まることが多くなっています。メンズの場合、汗をかきやすい体質など女性と異なる面も持っています。そのため、メンズ用品専用のクリーナーなどを利用してしっかりと手入れすることが大事です。手入れをすれば、どんなアクセサリーでも長持ちさせることができます。逆に言うと、手入れをしなければ、どんなに高価なシルバーアクセサリーでも長持ちさせることはできなくなるのです。シルバーアクセサリーを上手に利用するという事は手入れも上手に行う事が必要不可欠なのです。また定期的にメンテナンスに出すなどして気を遣う事で更に長持ちさせることができるようになります。

特徴と注意点

シルバーアクセサリー

メンズシルバーアクセサリーを購入する前に、シルバー製品はどのようなものなのか知っておきましょう。メンズシルバーアクセサリーにはシルバー925と呼ばれているものがあります。これは、シルバーが92.5%含まれており、これに銅他の金属を7.75%を加えて造られているということを表しています。これはなぜかと言うと、純銀のままでは柔らかく傷つきやすいので、加工しやすいように他の金属を加えて合金としています。合金とすることで充分な硬度が得られ耐久性が向上します。また、合金でシルバーの色合いを変えることを期待しても用いられています。この他にも、シルバー950やシルバー900、ピュアシルバー等がありますが、一般的にシルバー925がメンズシルバーアクセサリーに使用されています。メンズシルバーアクセサリーを普段身につけているときに、把握しておかなければいけないことはシルバー徐々に黒ずんでいくということです。硫化反応と言い、大気中に含まれる硫黄成分との化学反応でこれは起こります。黒ずんだシルバーの風合いを好む人もいますが、シルバーアクセサリーを購入するときはお手入れのことも考えておきましょう。光沢のあるシルバーアクセサリーを身に付けていきたいという方は、まめにお手入れをするようにしてください。軽い汚れなら、水で湿らせた布巾やタオル等で拭き取ることができます。ただし、市販されているクリーナーや研磨剤を使用するのは避けるようにしてください。含まれている研磨剤がシルバーを傷つけてしまいます。傷がつくと傷口に汚れがつきやすくなり、また黒ずみも起こりやすくなります。クリーナーはシルバー専用のものを使用するようにしましょう。

付け方とお手入れに注意

メンズ

シルバーアクセサリーは比較的安価でありながら様々な種類があり人気があるアクセサリーです。最近はメンズ向けのシルバーアクセサリーも増えており、多様なデザインから選ぶことが可能になります。メンズ向けのシルバーアクセサリーはシンプルなものから凝ったものまで様々なデザインがあります。本来メンズファッションにアクセサリーは必須ではないため、付け方に注意しないとナルシストに見えたり、チャラく見えたり、野暮ったく見えたりします。注意して付けなければなりません。まず気をつけるのがいくつものアイテムをつけないということです。代表的なメンズ向けシルバーアクセサリーに、腕時計、ネックレス、バングル、アンクレット、ピアス、指輪などがありますが、三つ以上同時につけるのは避けた方が良いでしょう。あまりたくさんつけるとチャラく見えるかナルシストに見えます。また、なるべくシンプルなデザインを選ぶこと、つや消しのものを選ぶこともおすすめです。あえてインパクトのあるものをアクセントに投入するのも一つの手ですが、かなり上級者向けなので初心者はやめておきましょう。シルバーは黒ずみやすい素材としても知られています。お手入れは気をつけて行いましょう。基本はつけたらふくというものです。着用したら布でカラ拭きするのを習慣化するとよいでしょう。それでも黒ずんでしまった場合は、シルバー専用のクロスで磨いたり、中性洗剤とぬるま湯で洗ったりするときれいに落ちます。